理系の就職活動にTOEICは必要か

意外と「理系 TOEIC 就職」と調べている人が多いので、

TOEIC930を持つ私がどういう就職活動を行ったか、シェアしようと思います。

基本スペック

  • 2014卒見込み
  • Cランクの工業大学、学部生
  • サークル活動なし
  • TOEIC930

受けた会社とその結果

  • P&G→1次面接敗退
  • 資生堂→1次面接敗退
  • 三井物産→3次面接敗退
  • 伊藤忠商事→3次面接敗退
  • 住友商事→テスセンで落選
  • 丸紅→1次面接敗退
  • 豊通→2次面接敗退
  • アイシンAW→◎内定
  • 某大手完成車メーカー→◎内定(こちらの会社にお世話になることになったので名前は伏せさせて頂きます)

という感じでした。P&Gを除き、4月1日から怒涛の面接ラッシュ。一日3つずつぐらいこなして4月中旬に終了しました。

結果から言うと、まず、ESで落とされるようなことは全くなかったです。(テストセンターで落ちたのは許していただきたいですが、)例えば、ES通過率5%未満なんて言われている資生堂のESもラクラク通っちゃう感じです。それから、P&Gなんかは足切り用の試験に英語が出されたので、英語力のおかげでテストは通ったのかなぁ?という印象です。

ただ、ES通過以降は、上に記した通り、あまりいい結果を残せたとは言えません。ボクは人を巻き込んで何かを成し遂げた経験と、その経験によるオーラが不足していたのだと振り返っております。

話をTOEICに戻すと、TOEICに関する評価は、会社によって、大きく変わるという印象を受けました。

P&Gや総合商社なんかだと、TOEIC900超えはゴロゴロいたのであまりめずらしくもないって感じですが、

日本のメーカーなんかでは、面接中も「スゴイねぇ」と言われたり、内定後のフィードバックの際も、「TOEIC高得点達成など、高い自発性が認められる」なんて言ってもらったことから考えると、結構評価は高かった印象です。まぁ相手が理系だけに限られますしね。

最後に、ひと通り就活を終えた自分が「理系の就職活動にTOEICは必要か?」という問いに答えるのならば、

やはり「必要はない」と答えるでしょう。だってTOEICスコアなしで、ボクなんかよりよっぽどすごい企業から内定とりまくってる奴もいますし。

しかし、就活×資格×TOEICにも書きましたが、

10分~20分という短時間で相手にわかりやすく自分が有能であることを説得する何らかの方法は身につけておいたほうがいいと思います。ボクの場合、それがTOEICであった-そしてTOEICという資格はそれにたるものであった-というだけの話です。

makers01_665

 

 

 
MAKERS―21世紀の産業革命が始まる
↑面接の際、役だった本。面接では最近読んだ本は何?とよく聞かれた。

広告